月別アーカイブ:2019年2月

「都構想」もカジノもいりません。

『都構想』は、大阪市をなくし、権限と財源を一人の指揮官に集中させる

【やりたい放題の体制を作る】ことが目的だと、反対してきました。

ギャンブル依存症を拡大し、様々な社会問題を引き起こす『カジノ(IR)』や

大型事業に税金をつぎ込むよりも、

住民サービスや福祉を最優先にするべきではないでしょうか。

いつ甚大な災害が起こっても不思議ではない今、

防災対策の強化が必要なのではないでしょうか。

カジノ誘致は市民の願いとは逆さまです。

サウンドデモ画像

住民投票前日「民主主義と生活を守る有志」(SADL=サドル)が企画したササウンドデモ。

 

しかし、松井知事と吉村市長は「大阪都構想」実現へ、

2度目の住民投票をあきらめていません。

3年前32億円の税金を使った住民投票を
再び行う必要があるのでしょうか。

そのようなお金があるなら、

医療・福祉・教育・中小企業応援に!

市民アンケートの結果

先日実施させていただいた市民アンケートにご協力ありがとうございました。
大正区の皆さんからいただいた回答をまとめさせていただきました。

1.ここ数年、あなたの暮らし向きは以前と比べてどうかわりましたか?

厳しくなったと答えた方に理由をおききします

2.2019年10月から消費税を10%に引き上げるとしています。
どう思いますか?

3.統合型リゾート施設(IR)・カジノの誘致を進めようとしています。
カジノ誘致について、どうお考えですか?

4.力を入れてほしい政策は何ですか?

5.憲法9条を変えようとする動きが強まっています。どうお考えですか?

6.「大阪都」構想(大阪市廃止・分割)についてどう思いますか?

7.大正区のまちづくりに関して特に望むことは何ですか。

街頭演説を行いました!

2月10日 大正区役所前噴水広場にて街頭演説を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勤労統計調査のやり直しで、はたらく人の賃金の伸びが実は「マイナス」!
消費税増税の根拠とされていた「今世紀最高水準の賃上げ」は実体のないモノだったのです。

消費税が8%に増税されてから、家計消費は年額25万円も落ち込んでいます。
10%増税を強行すると、さらに消費が低迷する不安が広がっています。

国民の7割が増税に反対しています。
消費税10% 増税は中止するべきなのです。

一緒に増税ストップの声を広げましょう!

日本共産党街頭演説のご案内

2月10日に街頭演説を行います。
私もお話する予定です。
ぜひ、お気軽にご参加ください。